家族葬が増えた背景と利点

subpage01

近年では家族葬を行うケースが増えてきました。


これは、家族や親族をはじめとして故人のごく親しい知人や友人だけを招いて参列してもらう葬儀の方法です。
従来のご近所の方や会社の方が参列する一般葬と異なり、規模が小さいと言えます。



この頃、家族葬が増えてきているのには、現代の社会問題が関係しています。現代では少子高齢化や核家族問題があります。

産経ニュースの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

そのため、家族が少なく大きな規模の葬儀を行うことが困難であったり、故人が高齢であるためその友人や知人も高齢もしくは亡くなっており参列者が少ないということも多いのです。
このような話だけでは、家族葬は仕方なく行うものだと思われるかもしれません。


しかし、家族葬には利点がたくさんあり、積極的にこのようなタイプの葬儀を選択する人も増えています。


まず、費用が少なくて済むという利点があります。

故人が生前に入院をしていたり、老人ホームなどに入っていた場合、その費用はとても膨大なものである可能性が高いです。
そんなとき一般葬であれば難しくても小規模な葬儀であれば費用が少なくてもきちんとお見送りを行うことが可能となります。



次に故人とゆっくりお別れが出来るという利点があります。

会社の人やご近所の方が参列するとなると、どうしても気遣いが重なり疲れてしまいます。


親しい人ばかりであればその負担は少なくなりますので、落ち着いて故人と向き合うことができるのです。


葬儀を行う場合は家族葬も検討してみると良いでしょう。

社会の事柄

subpage02

葬祭会場は、ある程度の規模の葬儀にも対応に出来る様に大きな施設がほとんどですが、密葬から少人数の葬儀にだけ対応する為の家族葬専用式場が日本全国に増えています。葬儀業界は、2040年前後まで年間の死者数が増加すると推察されながらも、家族葬の様な葬儀規模のコンパクト化や直葬などの葬儀自体が無くなる葬送方法が増加する為、大きな葬祭会場は損益の効率が悪い上に需要が激減するとしてファミリーホールなどの小型施設への切り替えが急がれています。...

NEXT

社会についての考察

subpage03

家族葬は、一般葬のように新聞のお悔やみ欄に、故人の名前を載せて、多くの会葬者を呼ぶのではなく、小さい式場で家族や親せき、親しい友人だけを呼び、小規模に挙げる葬儀です。式の流れは、通常の一般葬と変わるところはなく、お坊さんも呼びますし焼香もします。...

NEXT

社会の話

subpage04

葬儀のありかたというのは実にさまざまなものがあって、特に多様化がすすんでいる現代社会においてはその傾向がきわめておおきいということができます。葬儀のなかでも、最近では家族葬とよばれる形態が注目されているところです。...

NEXT

社会入門

subpage04

家族葬の選択が増えています。20年ほど前までは、ほとんどおこなわれていなかった形態ですが、現在では3割を占めるまでになっています。...

NEXT