家族葬というありかた

subpage01

葬儀のありかたというのは実にさまざまなものがあって、特に多様化がすすんでいる現代社会においてはその傾向がきわめておおきいということができます。葬儀のなかでも、最近では家族葬とよばれる形態が注目されているところです。



葬儀といって一般的にイメージするものとしては、会社の重役、上司、同僚、あるいは学生時代の恩師、友人、知人、地域の人々といった、それぞれの階層からよりたくさんの人々をあつめて行うものですが、家族葬というのは名前についているとおり、これとはまったく対極に位置するものということができるでしょう。



家族葬では、基本的には亡くなった人ののこされた家族、あるいはごく親しかった友人、親戚の人々といった、かな内輪の人々だけでとりおこなう儀式ということができます。

毎日新聞関連のノウハウを解説します。

ただし、家族葬に参列をする人が少ないというだけであって、儀式の内容がチープになってしまうということではありません。

むしろ、会場やその他の準備をあまり豪華にしなくてもよいといった分だけ、その費用を祭壇のスペースにあてたり、あるいは亡くなった人が生前に考えていた内容を盛り込んで、充実したものにするといった傾向もあるものです。
もちろん、費用的にまったくよゆうがないという場合には、費用が一般的なものよりも少なくなるといった効果を最大限に生かして、会場も祭壇も小さめで、よけいなオプションはつけずにフラットな状態で行うといったことも可能となっています。