家族葬の比率が増している

subpage01

家族葬の選択が増えています。
20年ほど前までは、ほとんどおこなわれていなかった形態ですが、現在では3割を占めるまでになっています。

短期間の間に、せきを切ったような増え方をしたと言えそうです。潜在的な需要が高かった、ということがうかがえます。

一般的な葬儀については、疑問を持つ人々が少なくなかったようですが、それに代わる選択肢が現実的にはない状態がずっと続いていました。しかし、インターネットの普及で、多くの人々が、自由な選択をできるようになりました。


以前は、著名人が家族葬をおこなったという報道で、家族葬の存在を知ることになった人々はいたでしょうが、家族葬をおこなう方法がわからず、著名人のような特別な人たちだけがおこなえる形態というイメージを持たれることもあったようです。

快適な暮らしを実現するための@niftyニュースについての情報をまとめたサイトです。

しかし、インターネットが普及したことで、現在は、葬儀について検索すればすぐに、家族葬という形態があって、葬儀社の多くがそのプランを設定していることがわかります。



葬儀の形態別の比率も、5分もあれば十分知ることができます。

一般的な葬儀がもはや半分を割り込んでいることがわかると、横並びする必要がないことも認識でき、自由な選択がしやすくなります。



以前なら、横並び意識が働き、一般的な葬儀のほうに誘導されがちでしたが、半分以下の比率である形態に横並びする必要性を感じる人はあまりいないでしょう。
自由な選択は、著名人だけでなく、一般の人々もおこなえるようになりました。