家族葬は身内や親しい友人だけの小さなお葬式

subpage01

家族葬は、一般葬のように新聞のお悔やみ欄に、故人の名前を載せて、多くの会葬者を呼ぶのではなく、小さい式場で家族や親せき、親しい友人だけを呼び、小規模に挙げる葬儀です。

YOMIURI ONLINEのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

式の流れは、通常の一般葬と変わるところはなく、お坊さんも呼びますし焼香もします。
違うのは、式に参列する人の数が少ないと言うだけで、それだけに葬儀費用も安く済みます。



葬儀のあらましは、葬儀の開式〜導師入場〜お経・焼香〜弔電披露〜親族代表挨拶〜故人との最後のお別れ〜出棺〜火葬〜拾骨までとなります。


近年では、核家族化や少子高齢化、おまけに不景気なども手伝って、年々家族葬の需要が増えています。現代の若い人が喪主になるとき、近所の繋がりの多い地方は別として、都会ではさほど近所付き合いもなく、勤めている会社の人たちを呼ぶのも煩わしいなどの理由があり、なるべくお金をかけず身内だけで行う家族葬が受けているのです。
葬儀にかかる費用も、香典返しの品物や精進落としの料理も少なくて済み、会葬者の送迎用のマイクロバスも頼まなくていいので、一般葬の半分から1/3くらいで出来てしまう葬儀です。昔から見れば、近年の葬儀は、一般葬でも小規模化の傾向にあり、益々この傾向が強まり、家族葬が先の時代では、当たり前の葬儀になってしまうかもしれません。



自治体が運営する公営斎場や民間のセレモニーホールでも、家族葬は普通に行われていて、問い合わせれば詳しく教えてもらえます。